湯浅に生まれたおもちゃ箱。遊びにお越しください。 ◆開館日時
土・日・祝日  10:00〜16:00
※年末年始・GW期間は臨時休業有り。お問合せ下さい
2014年3月16日(日)移転オープンしました
2009年2月、文化財建造物活用モデル事業として伝建地区内、醤油醸造家の栖原家の一部をお借りし開館した「湯浅おもちゃ博物館」。2013年9月1日をもち休館いたしましたが、前地から南に約150m程、同じ北鍛冶町で以前はお豆腐屋さんのお家をお借りすることができ、2014年3月16日(日)に移転オープンいたしました。

みなさまのご来館をお待ちいたしております。

おもちゃ作り教室受付中

最新情報

  • 移転オープンにともないWEBを更新しました
  • 紀州浪漫・2010秋号」「旅こよみ・2010/9月号」に掲載されました。
  • 「第2回夏休み企画」の様子が朝日新聞に掲載されました。
  • 「動くおもちゃ」が4月から展示されています。
  • 写真
  • 新聞やインターネットのニュースなど多くのメディアに取り上げていただきました。
    朝日新聞/毎日新聞/和歌山放送

湯浅おもちゃ博物館について

写真 『湯浅おもちゃ博物館』は文化庁の委託事業として発足しました。古民家の良さをできるだけ残し、おもちゃの展示や手にとって遊べる空間をつくり、子供から年配者までが楽しめる地区全体の交流拠点を目指しています。また、湯浅町を訪れた方にもおもちゃと古民家の空間を存分に楽しんでいただきたいと思っています。場所は湯浅町を代表する町家である栖原家の一部をお借りしています。
▲画面上
Copyright(c)2009 GREEN SOCIETY